ツチヤの貧格 土屋賢二著

ツチヤの貧格 土屋賢二著

電車の中で読むのはお勧めしない。評者など噴き出すこと数知れず、そのたびに顰蹙を買ったのではないかと車内をそっと窺って冷や汗をかいた。著者自らを肴に夫人、大学の同僚、教え子、知人友人が入れ代わり立ち代わり登場して揶揄、嘲弄、非難、批判の雨あられ、それがなんともおかしい。かつ上品ともいえないレトリック、隠喩、ダジャレの連発。この知的作業には頭が下がる思いだ。

お茶の水女子大の哲学教授だからといって学問チックではない。哲学的には、などと悩んで読むことはない。と思いはしたが、全編に深遠な哲学的含意がまぶされていたのではないかと、時とともに自信がなくなってきた。

週刊誌連載の人気エッセイを飽きずに次々に単行本化している著者も出版社も偉い。最大の取り柄は一篇が3ページ止まりなので、つまらなくてもすぐ次の話に移れることだ。とはいえ定価の元は十分とれた。何よりだった。(純)

文藝春秋 1300円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。