雇用大崩壊 失業率10%時代の到来 田中秀臣著

雇用大崩壊 失業率10%時代の到来 田中秀臣著

完全失業者は数字自体が“曲者(くせもの)”、働こうという意思を持たない求職意欲喪失者は除外される。この種の人を加えれば失業率は約2%増える。日本が過去に経験した完全失業率の最悪期は2002年の5・5%、今回これを上回るという観測もあり、それにこの2%を加えると、日本の失業率は限りなく10%に近づく。まず早急に必要なことは失業保険を完備するなどの手当て。同時に「納税者背番号制」によってセーフティネットを張りやすくする。ただこれだけで、「まっとうな不況対策」がなければ失業の長期化を促すだけになりかねない。

雇用の大崩壊が目前に迫っているとして、現状を描き出しつつ、果敢な政策発動による景気浮揚の道を提言。

NHK出版生活人新書 693円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT