雇用大崩壊 失業率10%時代の到来 田中秀臣著

雇用大崩壊 失業率10%時代の到来 田中秀臣著

完全失業者は数字自体が“曲者(くせもの)”、働こうという意思を持たない求職意欲喪失者は除外される。この種の人を加えれば失業率は約2%増える。日本が過去に経験した完全失業率の最悪期は2002年の5・5%、今回これを上回るという観測もあり、それにこの2%を加えると、日本の失業率は限りなく10%に近づく。まず早急に必要なことは失業保険を完備するなどの手当て。同時に「納税者背番号制」によってセーフティネットを張りやすくする。ただこれだけで、「まっとうな不況対策」がなければ失業の長期化を促すだけになりかねない。

雇用の大崩壊が目前に迫っているとして、現状を描き出しつつ、果敢な政策発動による景気浮揚の道を提言。

NHK出版生活人新書 693円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT