雇用大崩壊 失業率10%時代の到来 田中秀臣著

雇用大崩壊 失業率10%時代の到来 田中秀臣著

完全失業者は数字自体が“曲者(くせもの)”、働こうという意思を持たない求職意欲喪失者は除外される。この種の人を加えれば失業率は約2%増える。日本が過去に経験した完全失業率の最悪期は2002年の5・5%、今回これを上回るという観測もあり、それにこの2%を加えると、日本の失業率は限りなく10%に近づく。まず早急に必要なことは失業保険を完備するなどの手当て。同時に「納税者背番号制」によってセーフティネットを張りやすくする。ただこれだけで、「まっとうな不況対策」がなければ失業の長期化を促すだけになりかねない。

雇用の大崩壊が目前に迫っているとして、現状を描き出しつつ、果敢な政策発動による景気浮揚の道を提言。

NHK出版生活人新書 693円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。