檀原 照和(だんばら てるかず) Tell-kaz Dambala
ノンフィクション作家

1970年東京生まれ。法政大学法学部政治学科卒業。日本の近代裏面史やダークツーリズムから市井の人々の暮らしまで幅広くカバーするノンフィクション作家。現在は主に東京湾岸エリアや台湾などを探索している。現在までに『ヴードゥー大全』(夏目書房 2006年)、『消えた横浜娼婦たち』(データハウス 2009年)、『白い孤影 ヨコハマ メリー』(ちくま文庫 2018年)の3冊の単著と共著『太平洋戦争 封印された闇の史実』(ミリオン出版 2015年)を上梓している。ブログはこちら

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。