ケインズはこう言った 迷走日本を古典で斬る 高橋伸彰著

ケインズはこう言った 迷走日本を古典で斬る 高橋伸彰著

ケインズなら、今の日本経済にどのような処方箋を書くか。ケインズのフィロソフィーに回帰すれば、「デフレ脱却でも財政再建でもない。何よりも雇用の不安を止めること」だと著者は言う。「働く意欲も気力も湧かないのに、生きていくために本人の意思に反して働かざるを得ない、非自発的雇用」こそが「切羽詰まった危機」だからだ。

雇用からデフレまでさまざまな問題にどう対処するか。「分配」「協力」など現在の経済理論には存在しない概念規定を加えつつ、持続可能な社会を構築する道を求める。

マルクスやハイエクとの比較を交え、ケインズの主著『貨幣論』『一般理論』などのエッセンスも解説。現代に生きる古典の可能性を探る。

NHK出版新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。