ケインズはこう言った 迷走日本を古典で斬る 高橋伸彰著

ケインズはこう言った 迷走日本を古典で斬る 高橋伸彰著

ケインズなら、今の日本経済にどのような処方箋を書くか。ケインズのフィロソフィーに回帰すれば、「デフレ脱却でも財政再建でもない。何よりも雇用の不安を止めること」だと著者は言う。「働く意欲も気力も湧かないのに、生きていくために本人の意思に反して働かざるを得ない、非自発的雇用」こそが「切羽詰まった危機」だからだ。

雇用からデフレまでさまざまな問題にどう対処するか。「分配」「協力」など現在の経済理論には存在しない概念規定を加えつつ、持続可能な社会を構築する道を求める。

マルクスやハイエクとの比較を交え、ケインズの主著『貨幣論』『一般理論』などのエッセンスも解説。現代に生きる古典の可能性を探る。

NHK出版新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT