韓国でスマホ紛失が年28万件

悲鳴上げる保険業界

 

スマホをなくしたり盗難に遭ったりすれば、ほとんど取り戻せないと思ったほうがいい。闇の流通は以下のとおりだ。

アングラ業者は、タクシー運転手や飲食店の従業員、一般市民から、機種によって3万~40万ウォン(約2100~約2万8000円)で買い取り、1次買い入れ業者に売却する。1次業者はさらに2次業者に売却。2次業者は大部分を海外に密輸するという。インターネット上には「スマホを買い取る」というサイトが無数にある。

保険に入っていてもムダかもしれない。スマホの紛失保険が発売された当初、保険料は邦貨換算で月70円~100円程度だったが、最近では2~4倍になっている。政府は来年から、携帯利用者が自分の不注意で紛失した場合には、保険金を受け取れないようにする予定だ。

政府金融委員会のイ・ユンス保険課長は「スマホを紛失したと届け出て、保険金を不正に受け取るケースが増えている。防止策の一環として、保険金を受け取る際に必要な利用者の負担金も引き上げる」と話す。

イ課長は「携帯電話の保険は今後、通信事業者による補償修理サービス的な方向に転換するだろう。保険会社は長期的に紛失保険から撤退する」と予測する。

紛失保険は、保険会社にとって損をする商品になっている。昨年、保険会社が受け取った保険料は国内の保険会社全体で約160億円だったが、支払われた保険金は約210億円に上った。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT