中国は東アジアをどう変えるか 21世紀の新地域システム 白石隆、ハウ・カロライン著

中国は東アジアをどう変えるか 21世紀の新地域システム 白石隆、ハウ・カロライン著

中国の目覚ましい経済的躍進によって、東アジア、ひいては世界はどう変貌しようとしているのか。

今後、米国の一国一極体制は多極体制に移行するとしながらも、中国がヘゲモニーを握ることになるとは限らないし、今のところ、そうした予兆もないという。周辺諸国の中国に対する多様な動向を紹介しながら、中国脅威論の分析を進めていく。

注目しているのが、「アングロ・チャイニーズ」という存在だ。米国や欧州などで高等教育を受け、多言語を解し、国境を越えてビジネスを手掛ける。大陸の中国人とは明らかに異なるアイデンティティを持つ彼らが、今後アジアのエリートになっていくと展望する。

中公新書 882円

  

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。