中国は東アジアをどう変えるか 21世紀の新地域システム 白石隆、ハウ・カロライン著

中国は東アジアをどう変えるか 21世紀の新地域システム 白石隆、ハウ・カロライン著

中国の目覚ましい経済的躍進によって、東アジア、ひいては世界はどう変貌しようとしているのか。

今後、米国の一国一極体制は多極体制に移行するとしながらも、中国がヘゲモニーを握ることになるとは限らないし、今のところ、そうした予兆もないという。周辺諸国の中国に対する多様な動向を紹介しながら、中国脅威論の分析を進めていく。

注目しているのが、「アングロ・チャイニーズ」という存在だ。米国や欧州などで高等教育を受け、多言語を解し、国境を越えてビジネスを手掛ける。大陸の中国人とは明らかに異なるアイデンティティを持つ彼らが、今後アジアのエリートになっていくと展望する。

中公新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT