戦後史の正体 1945−2012 孫崎享著

戦後史の正体 1945−2012 孫崎享著

歴史研究において「陰謀史観」や「謀略史観」は世に尽きないが、本書は「米国の意向」「米国からの圧力」を軸に、日本の戦後史を前半期中心に解明した。

敗戦から占領の10年は自ずと「対米追随」路線が跋扈(ばっこ)する。それでも、重光葵や芦田均、鳩山一郎、石橋湛山、それに岸信介といった「自主」路線を描こうとする政治家が出た。冷戦は、日本をソ連との防波堤と位置づけさせ、講和条約による独立、日米安保条約も、その裏付けに使われた。

1960年代に日米関係は黄金期を迎え、高度経済成長が安全保障の問題を棚上げさせた。繊維問題をはじめ通商摩擦が頻発したが、追随路線に揺るぎはなかった。冷戦終結後、日本は再度「最大の脅威」と位置づけられたものの、唯一の超大国への協力を続け、現在に至っているという。

政治に比べ経済・通商面の分析に弱いうらみはあるが、「追随」と「自主」が濃淡を織り成す実相描写は、なかなか示唆的だ。

創元社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。