月給取りになったらアカン─私の履歴書 瀬戸雄三著

月給取りになったらアカン─私の履歴書 瀬戸雄三著

市場シェアは低下の一途、経営危機の瀬戸際に立ったアサヒビールを、営業の陣頭に立ち、社長・会長として経営の革新を成し遂げよみがえらせた「私の履歴書」である。どん底からの大逆転に成功した感激のドラマを中軸に、営業マンとして波瀾万丈の日々と、シェアトップに立って以降の新たな挑戦の記録。どれもビジネススクールの教材になりうる素材である。知恵と汗とハートという営業の原点、経営の要諦など啓発書としても役立とう。

本書の神髄は、書名(父親に諭された処世訓)どおりに、「夢」とともに猛進したサラリーマン生活(大失敗や左遷も再三だった)、苦闘する経営者の姿が率直に述べられている点にある。トップとしての厳しさと人情味は著者ならではとはいえ、自慢話がほとんどなく読後感はさわやかだ。最大の隠し味は冗談好き、前向きで明るい性格そのままに思わずニヤリとさせられる記述が随所にあることだろう。(純)

日本経済新聞出版社 1785円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT