「本当のこと」を伝えない日本の新聞 マーティン・ファクラー著

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 マーティン・ファクラー著

3・11という歴史的苦難に際して、日本の大手メディアは、当局の「隠蔽工作」に荷担することになった。その裏側には、記者クラブ至上主義によるジャーナリズムの欠落という、大手メディアが抱える根源的な問題があると、著者は言う。

たとえば緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の公表遅延。事故から10日以上経ってから政府の発表を受け、放射性物質の拡散予測を報道する。しかも福島県がその間に得ていたこの情報をメールから削除する一方、米国には外務省が連絡していた。

日本で12年の取材経験を持つ米紙東京支局長が明らかにする「新聞不信」と日本の新聞の生き残りの処方箋。

双葉新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。