「本当のこと」を伝えない日本の新聞 マーティン・ファクラー著

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 マーティン・ファクラー著

3・11という歴史的苦難に際して、日本の大手メディアは、当局の「隠蔽工作」に荷担することになった。その裏側には、記者クラブ至上主義によるジャーナリズムの欠落という、大手メディアが抱える根源的な問題があると、著者は言う。

たとえば緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の公表遅延。事故から10日以上経ってから政府の発表を受け、放射性物質の拡散予測を報道する。しかも福島県がその間に得ていたこの情報をメールから削除する一方、米国には外務省が連絡していた。

日本で12年の取材経験を持つ米紙東京支局長が明らかにする「新聞不信」と日本の新聞の生き残りの処方箋。

双葉新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT