帰れないヨッパライたちへ 生きるための深層心理学 きたやまおさむ著

帰れないヨッパライたちへ 生きるための深層心理学 きたやまおさむ著

日本は、政治でも経済でも日常生活でも足を引っ張ることにばかりエネルギーを注ぐ。そのため社会全体もまた停滞し変わることができないと、著者は言う。この心の内に抱えている問題には「嫉妬」がかかわっていると指摘する。

嫉妬は人の成長を妨げ、閉塞感を生み出す原因になるが、一方でそれを打ち破り、創造的なものを生み出すエネルギーの源にもなる。どうして日本人は嫉妬に弱いのか。なぜ嫉妬することの苦しみと嫉妬される恐怖にとらわれ、身動きがとれないでいるのか。

ヒット曲「帰って来たヨッパライ」で知られる精神分析医が、自身の個人史にも立ち返りながら、嫉妬とその背後にある日本文化の精神分析学を考える。

NHK出版新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?