孫正義 危機克服の極意 ソフトバンクアカデミア特別講義 光文社新書編集部編

孫正義 危機克服の極意 ソフトバンクアカデミア特別講義 光文社新書編集部編

ソフトバンクアカデミアとは、孫正義・ソフトバンクグループ代表が、自身の後継者を育成する目的で開いた学校。本書は、その公開特別講義「危機克服の極意」を基に構成されたものだ。

顧客情報の大量漏洩事件、ITバブルの崩壊の影響、リーマンショックによる株価暴落など、孫代表自身が直面した10の危機的状況をケーススタディにして、それをどう乗り越えたのかを具体的に解説。併せて、その事例にかかわった経営幹部たちの証言なども掲載している。

後半の第2部では孫代表によるさまざまな場面での発言をいくつかのカテゴリーに分けて紹介。その経営哲学のエッセンスを知ることができる構成になっている。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT