オリンピックと商業主義 小川勝著

オリンピックと商業主義 小川勝著

いよいよ開催が迫る夏のオリンピック。今年のロンドン大会は、運営費だけでも20億ポンド(2600億円弱)かかるといわれている。オリンピック開催になぜ、それほどのおカネがかかるのか。そこには、オリンピックにおける商業主義が見え隠れする。

本書は、さまざまな利権が絡む近代オリンピックの舞台裏にスポットライトを当てたもの。莫大な放映権料を得るために、選手が最高のパフォーマンスを発揮できる時間帯を無視、特定国のテレビのゴールデンタイムに合わせて競技時間を変更するなど、崇高なオリンピックの理念との乖離が語られる。

スポーツライターである著者が、近代オリンピックの理想と現実を問う。

集英社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT