オリンピックと商業主義 小川勝著

オリンピックと商業主義 小川勝著

いよいよ開催が迫る夏のオリンピック。今年のロンドン大会は、運営費だけでも20億ポンド(2600億円弱)かかるといわれている。オリンピック開催になぜ、それほどのおカネがかかるのか。そこには、オリンピックにおける商業主義が見え隠れする。

本書は、さまざまな利権が絡む近代オリンピックの舞台裏にスポットライトを当てたもの。莫大な放映権料を得るために、選手が最高のパフォーマンスを発揮できる時間帯を無視、特定国のテレビのゴールデンタイムに合わせて競技時間を変更するなど、崇高なオリンピックの理念との乖離が語られる。

スポーツライターである著者が、近代オリンピックの理想と現実を問う。

集英社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT