パナホームのスマートシティ戦略が始動、2015年度分譲事業の総連結売り上げは今期比2倍強の1000億円が目標

パナホームは、グループの住宅企業として、FujisawaSSTの街づくりのコンセプト策定や基盤整備、分譲住宅事業に参画し、13年度の街びらきに向けて取り組んでいる。また今後50~100戸の大規模戸建て分譲団地は、すべて「スマートシティ」の名称で展開していく方針だ。パナホームとしては、スマートシティ事業を成長エンジンとして、関連企業も含めた分譲事業の総連結売り上げを15年度には、今期の2倍強となる1000億円まで引き上げる目標を立てている。

堺・初芝では、販売を開始した区画はすぐにほぼ完売となるなど立ち上がりは順調のようだ。堺・初芝に続いて兵庫県芦屋市では、総区画数109区画、事業規模70億円の「スマートシティ潮芦屋」が7月から正式販売を開始した。大手ハウスメーカーを中心にスマートハウス、スマートシティの開発競争が加速する中、分譲事業で1000億円という15年度目標に向けて、まずは今期の2案件が試金石となりそうだ。


スマートシティ潮芦屋予定地

◆パナホームの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(水落隆博 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT