パナホームのスマートシティ戦略が始動、2015年度分譲事業の総連結売り上げは今期比2倍強の1000億円が目標

パナホームは、グループの住宅企業として、FujisawaSSTの街づくりのコンセプト策定や基盤整備、分譲住宅事業に参画し、13年度の街びらきに向けて取り組んでいる。また今後50~100戸の大規模戸建て分譲団地は、すべて「スマートシティ」の名称で展開していく方針だ。パナホームとしては、スマートシティ事業を成長エンジンとして、関連企業も含めた分譲事業の総連結売り上げを15年度には、今期の2倍強となる1000億円まで引き上げる目標を立てている。

堺・初芝では、販売を開始した区画はすぐにほぼ完売となるなど立ち上がりは順調のようだ。堺・初芝に続いて兵庫県芦屋市では、総区画数109区画、事業規模70億円の「スマートシティ潮芦屋」が7月から正式販売を開始した。大手ハウスメーカーを中心にスマートハウス、スマートシティの開発競争が加速する中、分譲事業で1000億円という15年度目標に向けて、まずは今期の2案件が試金石となりそうだ。


スマートシティ潮芦屋予定地

◆パナホームの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(水落隆博 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。