野村HDの株主総会はインサイダー問題や高額な役員報酬に質問集中

ちなみに、会社側が説明した役員報酬額は、渡部グループCEOが1億2800万円、柴田拓美グループCOOが1億1300万円だった。株価の著しい低迷やインサイダー情報漏洩という重大な事件の疑いがもたれている中で、この高額な報酬には違和感を持たざるをえないだろう。

経営方針として、「法令順守、職業倫理の向上による株主、顧客からの信頼回復」を掲げたが、この方針の真摯さが問われるのもこれからだ。

この日の総会では、経営責任を追及する声は上がらなかったもようだが、社内調査を通じて情報漏洩の事実が確認されれば、経営責任を求める声が高まる可能性がある。そうした批判に対処するには、経営陣が外部にも説得力のある業務改善を実行することと、説明責任を十分に果たすことが必要であることはいうまでもないだろう。


◆野村ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(浪川 攻 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。