外国人投資家が買った会社、売った会社--外国人持ち株比率・同増減ランキング

直近3カ月(決算期1~3月)で新たに増加ランキング入りしたのは14社(うち3月決算の会社は11社)。4位クロニクル[9822]はウェブ情報事業を主力とする会社。業績の低迷が続き、継続疑義の注記を出している。昨年末に資金調達のため、バージン諸島に籍を置くファンドRed Drum Invest Limitedおよびリヒテンシュタインに籍を置くJapan Opportunity Fundに対し、第三者割当による新株予約権の発行を行っている。

一方、減少ポイント上位20社での新登場は14社(うち3月決算の会社は12社)。2位旭テック[5606]は静岡県菊川市に本社を置く乗用車・商用車向け鋳造部品メーカー。ユニゾン・キャピタル・グループ傘下のATCホールディングス(『会社四季報』の株主欄には「ATCホールディングス1号」「2号」として登場)が公開買い付けを実施、議決権の96%弱を取得。6月27日の臨時株主総会で残りの株式の買い取り決議を行う予定。

【調査の説明】
東洋経済では、日本国内の上場会社に対し、年2回(本決算および第2四半期決算時)大株主の動向調査を行っている。今回は、(1)最新時点での外国人持ち株比率が高い会社、(2)半期前(半年前の本決算・第2四半期決算)と比べて外国人持ち株比率が増加した会社、(3)外国人持ち株比率が減少した会社を上位20位までランキングした。なお、新規上場会社や上場廃止の会社など、最新期と半期前との比較ができない会社は除いている。

(荻原和樹 =東洋経済オンライン)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT