有給休暇取得率ランキング・トップ100--首位のダイハツ、ホンダほか自動車勢が上位、業種では電気・ガスがトップ《CSR企業総覧2012年版・注目ランキング》

 

さて、有給休暇の取得が進まない理由としてよくあげられる「上司の理解不足」。だが、今回の大手企業を中心とした集計では、製造業などの取得率は高いことがわかった。どちらかというと仕事の種類による差が大きいと言えそうだ。

たとえば取得率がもっとも低い小売業は、全員一斉の休暇は取りにくい。通常の休みも交代で取らざるをえず、その上、有給休暇もとなるとハードルが高くなってくるのだろう。

■有給休暇取得率ランキング
順位 社名 有給休暇取得率(%)
3年平均 10年度 09年度 08年度
1 ダイハツ工業 100.4 99.5 99.5 102.1
1 ホンダ 100.4 98.9 102.1 100.1
3 相鉄ホールディングス 98.9 90.8 113.7 92.3
4 テイ・エス テック 98.1 110.4 91.8 92.0
5 トヨタ車体 98.0 100.5 81.2 112.2
6 東邦チタニウム 97.7 98.0 97.0 98.0
7 トヨタ自動車 96.5 91.9 98.0 99.5
8 ケーヒン 96.0 96.1 94.3 97.5
9 東海理化 94.2 95.7 87.0 100.0
10 中国電力 93.8 93.0 93.7 94.8
11 関西電力 93.1 93.4 93.9 91.9
12 ダイキン工業 92.5 92.8 92.4 92.4
13 豊田合成 91.5 90.6 88.2 95.8
14 旭硝子 91.4 89.4 93.4 91.5
15 京阪電気鉄道 89.9 90.3 89.7 89.6
16 富士重工業 89.7 94.1 87.2 87.8
17 大同メタル工業 88.6 71.9 88.2 105.6
18 ショーワ 88.3 91.4 85.3 88.3
19 日産自動車 88.2 95.5 79.5 89.6
20 豊田自動織機 88.0 85.1 92.4 86.6
21 関東自動車工業 87.3 72.7 90.3 99.0
22 NTN 86.9 88.3 85.1 87.3
23 イメージ情報開発 86.8 83.2 82.3 94.8
24 NTTドコモ 86.6 88.1 84.6 87.0
25 トヨタ紡織 86.4 89.7 86.0 83.6
25 大阪ガス 86.4 86.2 83.7 89.3
27 沖縄電力 86.2 84.4 86.9 87.3
28 東京急行電鉄 86.1 89.2 80.9 88.2
29 九州電力 85.3 86.5 85.0 84.5
30 三菱製紙 84.7 82.9 82.5 88.7
30 デンソー 84.7 81.4 85.4 87.3
32 ヤフー 84.1 84.5 86.0 81.7
33 西日本鉄道 83.7 81.7 86.4 83.1
34 日野自動車 83.0 83.8 74.5 90.8
35 東ソー 82.9 83.8 81.4 83.5
36 セブン銀行 82.8 81.8 88.0 78.5
37 アキナジスタ 82.7 107.1 107.6 33.3
38 JSR 82.4 82.0 82.9 82.2
38 三菱自動車 82.4 82.6 80.9 83.7
40 オリエンタルランド 81.4 80.5 85.2 78.6
40 ニッパツ 81.4 84.5 75.4 84.4
40 アイシン精機 81.4 78.1 80.3 85.7
43 構造計画研究所 80.9 77.2 80.0 85.6
44 三菱ガス化学 80.5 78.5 83.5 79.5
44 都築電気 80.5 80.1 79.8 81.5
46 三菱マテリアル 80.3 84.8 81.3 74.7
46 京王電鉄 80.3 80.2 80.0 80.8
48 JT 80.0 80.0 80.0 80.0
49 東芝 79.3 79.9 79.1 79.0
50 キッコーマン 79.2 80.2 77.5 79.8
51 ヤマハ発動機 79.0 74.4 79.6 82.9
52 東邦ガス 78.9 74.7 73.2 88.9
53 旭化成 78.8 73.5 80.3 82.6
54 クラレ 78.6 74.5 79.0 82.2
55 味の素 78.4 74.7 78.9 81.6
56 キヤノン 78.0 79.5 79.5 75.0
57 ソニー 77.9 75.0 78.7 80.0
58 コスモ石油 77.8 81.0 78.4 74.0
58 東京ガス 77.8 76.5 78.5 78.5
60 日本精工 77.7 83.5 78.0 71.6
61 東レ 77.6 77.6 62.9 92.4
62 マツダ 77.5 76.9 67.1 88.4
63 スター精密 77.2 76.9 77.4 77.4
64 曙ブレーキ工業 77.0 70.3 78.3 82.4
65 住友金属鉱山 76.3 71.2 76.9 80.8
66 ジェーシービー 75.9 77.2 77.7 72.8
67 ブラザー工業 75.8 75.3 78.0 74.0
68 ジェイ エフ イー ホールディングス 75.2 75.0 67.0 83.5
69 NTTデータ 74.9 78.8 74.0 72.0
70 NECソフト 74.6 76.1 76.8 70.8
71 リコー 74.5 74.3 75.7 73.5
72 NowLoading 74.4 79.7 54.2 89.4
72 石原産業 74.4 75.1 75.8 72.2
72 シャープ 74.4 76.1 72.7 74.3
75 東京製綱 74.0 74.2 72.6 75.1
75 いすゞ自動車 74.0 66.4 68.0 87.5
77 トクヤマ 73.9 73.8 72.2 75.8
77 コマツ 73.9 82.5 62.4 76.9
79 六甲バター 73.8 72.0 76.0 73.3
79 中部電力 73.8 72.8 75.9 72.8
81 NECネッツエスアイ 73.7 69.2 72.0 80.0
82 サイバネットシステム 73.6 77.5 61.5 81.9
83 アコーディア・ゴルフ 73.4 81.5 69.8 69.0
83 KDDI 73.4 73.5 73.3 73.4
85 日産化学工業 73.3 76.8 71.8 71.4
86 ワールドインテック 73.2 55.7 88.7 75.2
87 東洋電機製造 72.9 71.8 73.2 73.6
87 富士ソフト 72.9 72.8 72.4 73.5
87 三菱UFJニコス 72.9 74.3 73.9 70.4
90 東京応化工業 72.4 72.1 72.1 73.0
91 三井化学 72.2 71.0 71.8 73.7
91 富士フイルムホールディングス 72.2 72.2 72.5 72.0
93 三菱重工業 72.0 72.4 71.8 71.9
94 第一工業製薬 71.8 69.0 71.4 75.0
94 川崎重工業 71.8 69.5 71.0 74.8
96 日本特殊陶業 71.7 68.9 68.5 77.7
96 富士通 71.7 74.4 70.9 69.7
98 アジレント・テクノロジー 71.6 87.3 61.8 65.7
99 日本製紙グループ本社 71.4 73.0 67.7 73.5
100 ユニプレス 71.2 74.2 64.7 74.7
100 古野電気 71.2 67.0 75.1 71.6
(注)直近3年間の有給休暇取得率の平均値でランキング。『CSR企業総覧』2012年版掲載の1117社のうち3年間の有給休暇取得率を開示している769社が対象。有給休暇取得率は実際の有給休暇取得日を繰越分を除く有給休暇付与日数で割って計算
(出所)『CSR企業総覧』2012年版

 

(岸本吉浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT