NECのタブレット新端末はiPadの牙城に食い込めるか

国内メーカーでは富士通が「ARROWS Tab」を、ソニーが「Sony Tablet」を投入しているが、タブレット端末市場のシェアは6割近くがiPad(アイパッド)で米アップルの独壇場だ。

今年中にも米アマゾン「Kindle」の日本語版が販売されるとの見方もあり、競争が激しい中で、どれだけNECが売り上げを伸ばせるか、実力が問われることになりそうだ。

ライフタッチ エルの製品概要などはこちらの記事を参照


◆NECの業績予想、会社概要
はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(島田 知穂 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT