NECのタブレット新端末はiPadの牙城に食い込めるか

国内メーカーでは富士通が「ARROWS Tab」を、ソニーが「Sony Tablet」を投入しているが、タブレット端末市場のシェアは6割近くがiPad(アイパッド)で米アップルの独壇場だ。

今年中にも米アマゾン「Kindle」の日本語版が販売されるとの見方もあり、競争が激しい中で、どれだけNECが売り上げを伸ばせるか、実力が問われることになりそうだ。

ライフタッチ エルの製品概要などはこちらの記事を参照


◆NECの業績予想、会社概要
はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(島田 知穂 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。