NECのタブレット新端末はiPadの牙城に食い込めるか

NECのタブレット新端末はiPadの牙城に食い込めるか

NECが、タブレット端末の新製品「Life Touch L(ライフタッチ エル)」を発表した。低価格化に歯止めがかからず伸び悩むパソコンに対し、市場規模はいまだ小さいながらも確実な成長が期待されるタブレット端末のラインナップ拡充により、需要拡大を刈り取りたい考えだ。

ライフタッチ エルは、法人向けにも7月下旬に出荷を開始し、ITソリューションで築いてきた企業との関係を活かして売り上げ拡大を狙う。

「(スマートフォンブランドのタブレット端末“MEDIAS TAB”等を含めた)スマートデバイス全体で、2013年度に100万台の販売を目指す」(西大和男パーソナルソリューション事業本部長)とNECの掲げる目標は高い。

ただ、実際は「出足で苦戦した」(西大本部長)ため、従来12年度に定めていた100万台の販売目標を1年先伸ばししたことを明らかにしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
MARCH大解剖 早慶を猛追!<br>進化する5大学の最前線

明治、青学、立教、中央、法政の5大学は「MARCH」と称され、志願者数も偏差値も右肩上がり。その中で実力で勝るのはどこでしょうか。大学ランキング、最前線の取り組み、親世代とは一変した新・学部序列、付属校など多角的に分析します。