NECのタブレット新端末はiPadの牙城に食い込めるか

NECのタブレット新端末はiPadの牙城に食い込めるか

NECが、タブレット端末の新製品「Life Touch L(ライフタッチ エル)」を発表した。低価格化に歯止めがかからず伸び悩むパソコンに対し、市場規模はいまだ小さいながらも確実な成長が期待されるタブレット端末のラインナップ拡充により、需要拡大を刈り取りたい考えだ。

ライフタッチ エルは、法人向けにも7月下旬に出荷を開始し、ITソリューションで築いてきた企業との関係を活かして売り上げ拡大を狙う。

「(スマートフォンブランドのタブレット端末“MEDIAS TAB”等を含めた)スマートデバイス全体で、2013年度に100万台の販売を目指す」(西大和男パーソナルソリューション事業本部長)とNECの掲げる目標は高い。

ただ、実際は「出足で苦戦した」(西大本部長)ため、従来12年度に定めていた100万台の販売目標を1年先伸ばししたことを明らかにしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。