NECのタブレット新端末はiPadの牙城に食い込めるか

NECのタブレット新端末はiPadの牙城に食い込めるか

NECが、タブレット端末の新製品「Life Touch L(ライフタッチ エル)」を発表した。低価格化に歯止めがかからず伸び悩むパソコンに対し、市場規模はいまだ小さいながらも確実な成長が期待されるタブレット端末のラインナップ拡充により、需要拡大を刈り取りたい考えだ。

ライフタッチ エルは、法人向けにも7月下旬に出荷を開始し、ITソリューションで築いてきた企業との関係を活かして売り上げ拡大を狙う。

「(スマートフォンブランドのタブレット端末“MEDIAS TAB”等を含めた)スマートデバイス全体で、2013年度に100万台の販売を目指す」(西大和男パーソナルソリューション事業本部長)とNECの掲げる目標は高い。

ただ、実際は「出足で苦戦した」(西大本部長)ため、従来12年度に定めていた100万台の販売目標を1年先伸ばししたことを明らかにしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。