「農家への恩返し」農機で国内トップのクボタがコメ輸出を開始

クボタがコメの輸出に乗り出した背景には、日本国内のコメ需要が年々、減ってきていることがある。その一方で、中国をはじめとする新興諸国で食への安心・安全を求める動きが活発化、そこにヘルシーさも希求されるようになり、お寿司に代表されるような日本食の人気が高まってきている。日本米輸出の成算も高いと言えよう。

ただ、いまやクボタにとって日本は成長市場とはいえない。実際、クボタの海外売上高比率は5割に達し、成長のエンジンは新興国に移りつつある。企業の成長だけを渇望するのであれば、ほかに注力する分野もあるはずだ。

しかし「これまで成長してきた中で(国内の)農家の方々にはお世話になってきた」(クボタ役員)からこそ、クボタの国内農業を取り巻く環境悪化への懸念は大きい。日本米輸出はクボタのノーブレス・オブリージュ(位高ければ徳高きを要す)の現れかも知れない。

◆クボタの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(筑紫 祐二 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。