オリンパスが中期経営計画を発表、医療事業を軸に17年3月期に営業利益1300億円目指す


 
 今期見通しについて東洋経済は会社計画は妥当と見て下記のように予想する。

なお、3月末時点で4.6%と毀損していた自己資本比率については、「危険な状況」(笹社長)との認識をあらためて示した。資本増強については、他社との資本業務提携のほか、公募増資などあらゆる資本増強策を検討しており、現時点では「(資本業務提携をするかは)50%」(同)と述べた。

資本業務提携の提案は、ソニー、パナソニック、富士フイルムホールディングス、テルモなど国内の複数社からきているようだ。
 
 会見の冒頭で「原点回帰」を掲げた笹社長。一連の不祥事によって毀損した信頼を回復し、自らの出身母体でもある医療事業を中心にした成長軌道を実現することは、新体制に課せられた重大な責務だ。

(島 大輔 撮影:谷川真紀子 =東洋経済オンライン)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売上高  営業利益 経常利益  純利益
連本2012.03  848,548 35,518 17,865 -48,985
連本2013.03予 920,000 50,000 21,000 7,000
連本2014.03予 950,000 55,000 30,000 20,000
連中2011.09  414,518 17,535 9,476 -32,329
連中2012.09予 432,000 22,000 7,400 2,000
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2012.03  -183.5 0 
連本2013.03予 26.2 0 
連本2014.03予 74.9 0-30 
連中2011.09  -121.1 0 
連中2012.09予 7.5 0 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。