高騰が続くガソリン価格、スタンドは1円競争に

7割強が赤字体質

「152円の販価設定では仕入れ値を割っているのではないか」。同業他社は顔をこわばらせる。前述の比較サイトによれば、比較対象の3分の1弱が152円以下。その多くがセルフスタンドだが、人件費を抑えても採算が取れているかどうかは怪しい。

販価急騰の一方で、ガソリンスタンドの取り分であるマージンは悪化している。「イラン情勢悪化を背景とした原油高に加えて、急激な円安がガソリン仕入れ価格の上昇に拍車をかけているが、競争が激しく、販価に転嫁できていない」(石油販売関係者)。

スタンド業界団体の全国石油協会によれば、スタンドを経営する会社の半分近くは赤字、期間利益が500万円未満と赤字スレスレの業者を含めると7割強が赤字体質だ。

ピーク時6万カ所あったスタンド数は2010年度末3万8777カ所。マージン悪化による経営難でスタンド淘汰が加速するのは必至だ。

(山田雄一郎 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2012年4月7日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT