ドーシー氏、米ツイッターの正式CEOに就任

スマホ決裁のスクエアCEOも兼務

 10月5日、米ツイッター、暫定CEOを務めるジャック・ドーシー氏を正式にCEOに任命。7月撮影(2015年 ロイター/Mike Blake)

[5日 ロイター] - 短文投稿サイト、米ツイッターは5日、同社の暫定最高経営責任者(CEO)を務めるジャック・ドーシー氏を正式にCEOに任命した。同氏はモバイル決算会社スクエアのCEOも務めており、両社のCEOを兼務することになる。

ドーシー氏はツイッターの創業者の一人。7月1日付で辞任したディック・コストロ前CEOの後任として暫定CEOに就任していた。

ツイッターは当初、同社CEOが常勤職になるとの方針を示しており、ドーシー氏がスクエアのCEOを続けるかぎり、ツイッターの正式CEOに就くことはないとみられていた。会社の発表によると、同氏は引き続き取締役会のメンバーにとどまるものの、会長職からは外れる。またコストロ氏は9月30日付で取締役を辞任した。

ドーシー氏はツイッターで、取締役会の構成を変更する方向で調整していることを明らかにした。

最高執行責任者(COO)には幹部のアダム・ベイン氏が指名された。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。