ドーシー氏、米ツイッターの正式CEOに就任

スマホ決裁のスクエアCEOも兼務

 10月5日、米ツイッター、暫定CEOを務めるジャック・ドーシー氏を正式にCEOに任命。7月撮影(2015年 ロイター/Mike Blake)

[5日 ロイター] - 短文投稿サイト、米ツイッターは5日、同社の暫定最高経営責任者(CEO)を務めるジャック・ドーシー氏を正式にCEOに任命した。同氏はモバイル決算会社スクエアのCEOも務めており、両社のCEOを兼務することになる。

ドーシー氏はツイッターの創業者の一人。7月1日付で辞任したディック・コストロ前CEOの後任として暫定CEOに就任していた。

ツイッターは当初、同社CEOが常勤職になるとの方針を示しており、ドーシー氏がスクエアのCEOを続けるかぎり、ツイッターの正式CEOに就くことはないとみられていた。会社の発表によると、同氏は引き続き取締役会のメンバーにとどまるものの、会長職からは外れる。またコストロ氏は9月30日付で取締役を辞任した。

ドーシー氏はツイッターで、取締役会の構成を変更する方向で調整していることを明らかにした。

最高執行責任者(COO)には幹部のアダム・ベイン氏が指名された。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。