ドーシー氏、米ツイッターの正式CEOに就任

スマホ決裁のスクエアCEOも兼務

 10月5日、米ツイッター、暫定CEOを務めるジャック・ドーシー氏を正式にCEOに任命。7月撮影(2015年 ロイター/Mike Blake)

[5日 ロイター] - 短文投稿サイト、米ツイッターは5日、同社の暫定最高経営責任者(CEO)を務めるジャック・ドーシー氏を正式にCEOに任命した。同氏はモバイル決算会社スクエアのCEOも務めており、両社のCEOを兼務することになる。

ドーシー氏はツイッターの創業者の一人。7月1日付で辞任したディック・コストロ前CEOの後任として暫定CEOに就任していた。

ツイッターは当初、同社CEOが常勤職になるとの方針を示しており、ドーシー氏がスクエアのCEOを続けるかぎり、ツイッターの正式CEOに就くことはないとみられていた。会社の発表によると、同氏は引き続き取締役会のメンバーにとどまるものの、会長職からは外れる。またコストロ氏は9月30日付で取締役を辞任した。

ドーシー氏はツイッターで、取締役会の構成を変更する方向で調整していることを明らかにした。

最高執行責任者(COO)には幹部のアダム・ベイン氏が指名された。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT