ブラックストーン デビッド・キャリー、ジョン・E・モリス著/土方奈美訳 ~巨額買収と巨額報酬の裏側を詳細に描く

ブラックストーン デビッド・キャリー、ジョン・E・モリス著/土方奈美訳 ~巨額買収と巨額報酬の裏側を詳細に描く

評者 高橋 誠 ユナイテッド・マネージャーズ・ジャパン会長

ブラックストーンは、初めてレバレッジドバイアウト(LBO)を行い、米国プライベートエクイティ(未公開株投資)最大手の一角を占める。『キング・オブ・キャピタル』という原題の本書は、ピーターソン会長とシュワルツマンCEOが1985年にブラックストーンを創業し、2007年に株式公開(IPO)を成し遂げるまでを種々の案件を通して詳細に描き出したもので、この業界の歴史ストーリーともなっている。

LBOは、本来投資家から集めたファンドの資金を元にレバレッジをかけて会社を買収し、事業の再生によって企業価値を上げたうえで、再度上場するか、ほかに売却するという出口戦略を目指すものだ。

しかしそれだけではない。「墓場のダンサー」の異名を持つサム・ゼルの上場不動産会社を387億ドルという巨額で買収し、保有する不動産をばらして売却することで投資金額があっという間に2倍になる「分解の妙」もあれば、逆に異なる会社を合併させてシナジー効果を出す「合成の妙」も多々登場する。取引にはレバレッジが利いているため、リターンが何倍にもなるケースがある一方、市況産業に間違ったタイミングで投資して悲惨な結果となったケースなども数多く登場する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。