ブラックストーン デビッド・キャリー、ジョン・E・モリス著/土方奈美訳 ~巨額買収と巨額報酬の裏側を詳細に描く

2007年6月、サブプライムローン危機の始まる直前、悲願のIPOでなんと46億ドルがパートナーにわたり、シュワルツマンは7億ドル弱という創業者利潤を享受した。また、ファンド運営上の巨額報酬の仕組みの解説も随所にみられる。

取引がいずれもビビッドに伝わってくる面白さがあり、450ページの大著ながら飽きさせない。ただしLBOの悪いイメージを払拭したいためか、必要以上にLBOの意義を力説しすぎる感が否めないのは残念だ。

David Carey
プライベートエクイティ、M&Aの専門誌『ディール』のシニアライター。フランス文学とジャーナリズムで修士号取得。

John E.Morris
『ダウ・ジョーンズ・インベストメント・バンカー』のエディター。米ハーバード大学で法学博士号取得。弁護士経験あり。

東洋経済新報社 2940円 454ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。