「しがらみ」を科学する 高校生からの社会心理学入門 山岸俊男著

「しがらみ」を科学する 高校生からの社会心理学入門 山岸俊男著

社会心理学者である著者は、社会とは私たち自身が作り出している「しがらみ」だという。ここでいう「しがらみ」とは、自分の考えや行動に対する周りの人たちの反応を予測して、その予測に自分の行動を合わせる必要があるということを意味する。いじめをやめさせたいと思いながら傍観してしまう子どものように、私たちに誰も望んでいない行動を取らせるのは、このしがらみだ。

空気を読みながら生きていなければならない生きにくい社会を、少しでも生きやすい世の中にするにはどうしたらいいのか。なぜ「しがらみ」や「空気」が生まれるのか、社会の構造を解き明かし、そうした「縛り」から離れて自由に生きる方法を考える。

ちくまプリマー新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。