「しがらみ」を科学する 高校生からの社会心理学入門 山岸俊男著

「しがらみ」を科学する 高校生からの社会心理学入門 山岸俊男著

社会心理学者である著者は、社会とは私たち自身が作り出している「しがらみ」だという。ここでいう「しがらみ」とは、自分の考えや行動に対する周りの人たちの反応を予測して、その予測に自分の行動を合わせる必要があるということを意味する。いじめをやめさせたいと思いながら傍観してしまう子どものように、私たちに誰も望んでいない行動を取らせるのは、このしがらみだ。

空気を読みながら生きていなければならない生きにくい社会を、少しでも生きやすい世の中にするにはどうしたらいいのか。なぜ「しがらみ」や「空気」が生まれるのか、社会の構造を解き明かし、そうした「縛り」から離れて自由に生きる方法を考える。

ちくまプリマー新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。