泣きたくないなら労働法 佐藤広一著

泣きたくないなら労働法 佐藤広一著

「労働法」とは、労働者と使用者が対等の立場で労働条件を決められるように労働者を保護する目的で作られた法律全般の総称。ところが、これまで使用者が労働者に一方的に不利な労働条件で働かせていた実態があった。

社会保険労務士である著者は、こうしたことが起きないように労使が雇用のルールを正しく理解し合える環境こそが、企業目的達成の礎になるとし、そうした視点から労働法を解説している。

給与明細の詳細な見方から、残業代の割り増し基準、有給休暇の時間単位での取り方、介護・育児休暇の取り方、どんな場合なら配置転換を断れるのかまで、労働者ならぜひ知っておきたいルールが網羅されている。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT