つながる読書術 日垣隆著

つながる読書術 日垣隆著

パソコンやスマホなどに費やす時間が増え、本を読む時間がどんどん削られている昨今。しかし、作家・ジャーナリストである著者は、読書ほど格安で、しかも限られた時間内で物事の全体像を学べるメディアはないとし、今こそと、その復権を訴える。

大量の本を短時間で読みこなしつつ、教養の核、人生の糧とするような仕込みとしての読書術から、アウトプットを前提としたインプットとしての読書法ほか、本を媒介したコミュニケーションとしての読書会の有用性まで説いている。

これまでに10万冊近くを読破してきたという著者ならではの読書ノウハウを収録。「読まずに死ねない厳選一〇〇冊の本」のリスト付き。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT