つながる読書術 日垣隆著

つながる読書術 日垣隆著

パソコンやスマホなどに費やす時間が増え、本を読む時間がどんどん削られている昨今。しかし、作家・ジャーナリストである著者は、読書ほど格安で、しかも限られた時間内で物事の全体像を学べるメディアはないとし、今こそと、その復権を訴える。

大量の本を短時間で読みこなしつつ、教養の核、人生の糧とするような仕込みとしての読書術から、アウトプットを前提としたインプットとしての読書法ほか、本を媒介したコミュニケーションとしての読書会の有用性まで説いている。

これまでに10万冊近くを読破してきたという著者ならではの読書ノウハウを収録。「読まずに死ねない厳選一〇〇冊の本」のリスト付き。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT