つながる読書術 日垣隆著

つながる読書術 日垣隆著

パソコンやスマホなどに費やす時間が増え、本を読む時間がどんどん削られている昨今。しかし、作家・ジャーナリストである著者は、読書ほど格安で、しかも限られた時間内で物事の全体像を学べるメディアはないとし、今こそと、その復権を訴える。

大量の本を短時間で読みこなしつつ、教養の核、人生の糧とするような仕込みとしての読書術から、アウトプットを前提としたインプットとしての読書法ほか、本を媒介したコミュニケーションとしての読書会の有用性まで説いている。

これまでに10万冊近くを読破してきたという著者ならではの読書ノウハウを収録。「読まずに死ねない厳選一〇〇冊の本」のリスト付き。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT