公助、共助ではなく自衛を余儀なくされる--『国民皆保険はまだ救える』を書いた川渕孝一氏(東京医科歯科大学大学院教授)に聞く

──適正化では、メタボ検診と病院の再編が目玉でした。

疾病予防に力を入れ、メタボ保健指導で医療費を浮かせようとした。予防にも医療費控除のような経済インセンティブが必要だ。そうでないと、メタボ検診率も高まらない。もう一つの病院の再編は、社会的入院を是正して医療費を浮かすものだが、受け皿の整備が弱すぎる。

──津波被災地の医療問題にもかなりのページが割かれています。

福島は基礎データに乏しい。岩手、宮城もデータは3・11止まりで、それ以降の有効なデータはほとんどないのが難だ。特に高齢化や人口動向が読めない。岩手に21も県立病院がいるのか。釜石は75歳以上の人口さえ減り始め、石巻も今の日赤病院を頑強な災害拠点病院にし、それこそ市民病院と合併すべきだが、再生資金や補助金が出ることから市長は乗り気ではない。医師も系列の医局が違うという。「部分最適」と「全体最適」との壁を再認識させられている。

かわぶち・こういち
1959年富山県生まれ。一橋大学商学部卒業。シカゴ大学経営大学院修了。民間企業を経て、厚生省国立医療・病院管理研究所入所。一時、国立社会保障・人口問題研究所主任研究官を併任。その後、日医総研主席研究員、日本福祉大学経済学部教授、経済産業研究所ファカルティーフェローを経る。

(聞き手:塚田紀史 撮影:谷川真紀子 =週刊東洋経済2011年12月17日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


『国民皆保険はまだ救える』 自由工房 1890円 276ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT