《進化するノンアルコール飲料1/焼酎》芋焼酎と同じ製法でサツマイモにこだわる

キャップを開けると、芋焼酎特有のサツマイモの香りがプーンと漂ってくる。ただ、一口飲んでみると、高いアルコール度数ならではの強烈な痛飲感がまったくない。紛れもないアルコール度数0・00%飲料。にもかかわらず、飲んだ後には口の中に芋焼酎の味わいがしっかりと残っている。そのうちに体が熱くなってきた。焼酎そっくりの香りや味わいが、脳にアルコールを摂取したと錯覚させるのか。

鹿児島県の醸造メーカー小正醸造が販売する業界初のノンアルコール芋焼酎テイスト飲料「小鶴ゼロ」は、今年4月の発売以降、わずか7カ月で10万本を突破。予想を上回るペースで売り上げを伸ばしている。自動車運転中や勤務時間中、あるいは病気で酒が飲めない人に歓迎されているという。「芋焼酎と同じくサツマイモをたっぷり使っている」と、同社生産本部の中川敦博次長は胸を張る。

小正醸造が「小鶴ゼロ」の開発に着手したのは、昨年3月のこと。「ノンアルコールの焼酎はないか」という取引先や消費者の声が相次ぎ、開発に踏み切った。

原料のサツマイモの収穫は8~12月である。8月に採れたサツマイモで早速、試作品を作ってみた。中川氏を含む何人かで試飲してみたが、「うーん。まだまだだね」。

香料で芋の香りを人工的に作れば、より焼酎の風味に近づけられるかもしれない。しかし、芋焼酎と同じ製法にこだわった。100回近い試行錯誤の末、今年2月、ようやく満足のいく仕上がりとなった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT