《進化するノンアルコール飲料1/焼酎》芋焼酎と同じ製法でサツマイモにこだわる

キャップを開けると、芋焼酎特有のサツマイモの香りがプーンと漂ってくる。ただ、一口飲んでみると、高いアルコール度数ならではの強烈な痛飲感がまったくない。紛れもないアルコール度数0・00%飲料。にもかかわらず、飲んだ後には口の中に芋焼酎の味わいがしっかりと残っている。そのうちに体が熱くなってきた。焼酎そっくりの香りや味わいが、脳にアルコールを摂取したと錯覚させるのか。

鹿児島県の醸造メーカー小正醸造が販売する業界初のノンアルコール芋焼酎テイスト飲料「小鶴ゼロ」は、今年4月の発売以降、わずか7カ月で10万本を突破。予想を上回るペースで売り上げを伸ばしている。自動車運転中や勤務時間中、あるいは病気で酒が飲めない人に歓迎されているという。「芋焼酎と同じくサツマイモをたっぷり使っている」と、同社生産本部の中川敦博次長は胸を張る。

小正醸造が「小鶴ゼロ」の開発に着手したのは、昨年3月のこと。「ノンアルコールの焼酎はないか」という取引先や消費者の声が相次ぎ、開発に踏み切った。

原料のサツマイモの収穫は8~12月である。8月に採れたサツマイモで早速、試作品を作ってみた。中川氏を含む何人かで試飲してみたが、「うーん。まだまだだね」。

香料で芋の香りを人工的に作れば、より焼酎の風味に近づけられるかもしれない。しかし、芋焼酎と同じ製法にこだわった。100回近い試行錯誤の末、今年2月、ようやく満足のいく仕上がりとなった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT