日本の官民連合、潜水艦受注へアピール

現地企業との協業をアピール

 8月14日、豪潜水艦の選定手続きに参加する日本の官民連合は26日、造船業が集積する南部アデレードで説明会を開く。写真は海自潜水艦。昨年9月入手(2015年 ロイター/Japan Maritime Self-Defense Force/Handout via Reuters)

[東京 14日 ロイター] - 豪潜水艦の選定手続きに参加する日本の官民連合は26日、造船業が集積する南部アデレードで説明会を開く。豪政府は自国産業の振興につながる提案を求めており、日本は現地企業と協業する用意があることをアピールする。

2030年ごろに潜水艦の世代交代を計画する豪州は、共同開発の候補として日本、ドイツ、フランスを指名している。潜水艦の性能面では日本が優位とされるが、日本が受注すると独仏に比べて現地企業の関与が小さくなるのではないかとの懸念が出ている。

日本の官民連合は防衛省を中心に、海上自衛隊の潜水艦を建造する三菱重工業<7011.T>と川崎重工業<7012.T>が参加している。説明会には経済産業省も加わる。

(久保信博※)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。