日本の官民連合、潜水艦受注へアピール

現地企業との協業をアピール

 8月14日、豪潜水艦の選定手続きに参加する日本の官民連合は26日、造船業が集積する南部アデレードで説明会を開く。写真は海自潜水艦。昨年9月入手(2015年 ロイター/Japan Maritime Self-Defense Force/Handout via Reuters)

[東京 14日 ロイター] - 豪潜水艦の選定手続きに参加する日本の官民連合は26日、造船業が集積する南部アデレードで説明会を開く。豪政府は自国産業の振興につながる提案を求めており、日本は現地企業と協業する用意があることをアピールする。

2030年ごろに潜水艦の世代交代を計画する豪州は、共同開発の候補として日本、ドイツ、フランスを指名している。潜水艦の性能面では日本が優位とされるが、日本が受注すると独仏に比べて現地企業の関与が小さくなるのではないかとの懸念が出ている。

日本の官民連合は防衛省を中心に、海上自衛隊の潜水艦を建造する三菱重工業<7011.T>と川崎重工業<7012.T>が参加している。説明会には経済産業省も加わる。

(久保信博※)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT