日本の官民連合、潜水艦受注へアピール

現地企業との協業をアピール

 8月14日、豪潜水艦の選定手続きに参加する日本の官民連合は26日、造船業が集積する南部アデレードで説明会を開く。写真は海自潜水艦。昨年9月入手(2015年 ロイター/Japan Maritime Self-Defense Force/Handout via Reuters)

[東京 14日 ロイター] - 豪潜水艦の選定手続きに参加する日本の官民連合は26日、造船業が集積する南部アデレードで説明会を開く。豪政府は自国産業の振興につながる提案を求めており、日本は現地企業と協業する用意があることをアピールする。

2030年ごろに潜水艦の世代交代を計画する豪州は、共同開発の候補として日本、ドイツ、フランスを指名している。潜水艦の性能面では日本が優位とされるが、日本が受注すると独仏に比べて現地企業の関与が小さくなるのではないかとの懸念が出ている。

日本の官民連合は防衛省を中心に、海上自衛隊の潜水艦を建造する三菱重工業<7011.T>と川崎重工業<7012.T>が参加している。説明会には経済産業省も加わる。

(久保信博※)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT