任天堂が3DS向けタイトルを大量投入へ、年末商戦に向け背水の陣

任天堂が3DS向けタイトルを大量投入へ、年末商戦に向け背水の陣

任天堂は13日、都内で「ニンテンドー3DSカンファレンス 2011」を開催し、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けの期待のタイトルを発表した。

今回のカンファレンスのポイントは、任天堂の定番タイトルに加え、サードパーティーの大型タイトルの投入が明らかになったことにある。1時間にわたるプレゼンの最後に、任天堂の岩田社長は年末商戦に向け、「盤石」の体制を整えたことを強調してみせた。

任天堂のタイトルとしては「マリオカート7」「スーパーマリオ 3Dランド」「マリオ&ソニック ATロンドンオリンピック」「マリオテニス(仮称)」「どうぶつの森(仮称)」「トモダチコレクション(仮称)」など、すでにヒット歴を持つシリーズの続編が次々とプレゼンされた。これらは秋以降、年末商戦に向けて、順次発売される。

サードパーティーのタイトルの中でもっとも反響が大きかったのは、カプコンの「モンスターハンター」シリーズだ。モンハンは、昨12月のPSP向け「モンスターハンターポータブル3rd」が大ヒットを記録し、ハード(PSP)の売上にも大きく貢献した。「コアなゲームファンが今最も注目しているソフト」と、『週刊ファミ通』などを発行するエンターブレインの浜村弘一社長は分析する。先週、続編である「モンスターハンター3G」が3DSで発売されることが明らかとなり、ネット上でも話題を集めていた。
 
 カンファレンスでは、3Gの12月発売に続き、「モンスターハンター4(仮題)」も3DS向けに開発中であることが明らかとなった。プレゼン後の、体験ブースでも、モンハンのブースに最も長い列ができた。

また、ユーザーの男女比率がほぼ5:5だったDSと比べ、3DSでは女性ユーザーが3割と少ないことから、10月20日には新色である「ミスティピンク」を追加する。「ガールズモード」など、女性向けのオリジナルタイトルも投入される予定。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT