有料会員限定

なぜ日銀は"静かに"異次元緩和を脱却できたのか 当初は懸念されていた市場の大混乱を回避

✎ 1〜 ✎ 455 ✎ 456 ✎ 457 ✎ 最新
拡大
縮小
植田和男日銀総裁
植田和男日銀総裁(写真:Akio Kon/Bloomberg)

日本銀行は3月、マイナス金利を解除し、併せて長短金利操作(YCC)やETF(上場投資信託)購入を廃止した。植田和男総裁就任から1年足らずで「異次元緩和」から脱却した。

思えば1年前、安定的な2%物価上昇の実現は極めて困難とみられていた一方、金融政策の正常化が始まれば市場が大混乱に陥ることが懸念されていた。しかし実際には、予想よりずっと早く、静かに金融政策正常化がスタートした。

それを可能にしたのは、ここ2~3年のマクロ経済環境の変化だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内