さらば森田「ゆる~く右肩上がりのまま死にたい」 YouTubeが大人気!売れっ子2人に話を聞いた

拡大
縮小
さらば青春の光
『さらば青春の光』の森田哲矢と東ブクロと放送作家の澤井直人(写真:週刊女性PRIME編集部)
この記事の画像を見る(9枚)
テレビ、YouTube、CM業界などの放送作家として、数々のコンテンツを作り出してきた澤井直人(33)。今、ほかの誰よりも「人間」に興味がある平成生まれの彼が、「話を聞きたい!」と思う有名人と対談する、好奇心と勢いだらけのインタビュー企画『令和にんげん対談』!
第13回は、お笑いコンビ『さらば青春の光』が登場! 2人合わせてのレギュラー番組(テレビ・YouTube・ラジオ・ネット配信)は20本を超える。5月からは単独ライブ『ラッキー7』を控える超売れっ子の2人だが、縦横無尽に芸能界を駆け回る2人が、これまでの軌跡を振り語りつつ、単独ライブの意気込みや、これからの抱負を語ってくれました!

さらば森田が考える“頼りになる作家”とは

澤井直人(以下、澤井):単独ライブも控えているお忙しい中、本日はありがとうございます!

さらば青春の光・森田哲矢(以下、森田)ちょうどこれからネタを考えるから、一番しんどい時期よね(笑)。ネタが出来上がればライブの雰囲気も見えてくるんやけど、どこまでネタ作りに時間取れるかなって。

さらば青春の光・東口宜隆(以下、東ブクロ)稽古時間は取ってるとは思うので、森田のネタ次第ってところですね。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

森田:(ネタ作らんやつが)デカい口叩くなや!

澤井:(笑)。今年の単独の意気込みはいかがですか?

森田規模が1万人増えて3万キャパになったんで、多少気が引き締まってると思います(笑)。

澤井:僕も当時、大阪のO-CATという小さな箱でやっていた『ミニクルナ』というライブでさらばさんを拝見したことがあります! お二人にとって印象に残っていたり、ターニングポイントになったライブはありますか?

森田やっぱ初めての単独ライブは覚えてますね(2011年の(『~東京上陸大作戦~』)。まだ松竹にいた頃で、毎月大阪から東京に通いながらだったんですけど、いわゆる当時のベスト盤みたいなネタをやってて。そこでなんとなく手応えというか「俺らいけるかもな」って感じで。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT