ガソリン車で燃費30キロ、ダイハツがハイブリッド車に肉薄


 もちろん他社も黙ってはいない。軽のライバル、スズキは「燃費性能で負けるつもりはない」(技術担当の本田治副社長)と公言。ホンダも、軽でダイハツ並みの燃費性能を視野に入れている。6月にはマツダが従来基準ながら燃費30キロメートル/リットルの小型車「デミオ」を投入したばかりだ。

エコカーといえば、HVや電気自動車が先頭を走ってきた。だが、ガソリン車へのニーズは依然強く、各社は低燃費技術をほかの車両にも応用し、海外展開もにらんでいる。環境技術が向上してきたガソリン車を巻き込んだ低燃費競争はさらに過熱しそうだ。

ダイハツ工業の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(本誌:並木厚憲 =週刊東洋経済2011年7月30日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。