ガソリン車で燃費30キロ、ダイハツがハイブリッド車に肉薄


 もちろん他社も黙ってはいない。軽のライバル、スズキは「燃費性能で負けるつもりはない」(技術担当の本田治副社長)と公言。ホンダも、軽でダイハツ並みの燃費性能を視野に入れている。6月にはマツダが従来基準ながら燃費30キロメートル/リットルの小型車「デミオ」を投入したばかりだ。

エコカーといえば、HVや電気自動車が先頭を走ってきた。だが、ガソリン車へのニーズは依然強く、各社は低燃費技術をほかの車両にも応用し、海外展開もにらんでいる。環境技術が向上してきたガソリン車を巻き込んだ低燃費競争はさらに過熱しそうだ。

ダイハツ工業の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(本誌:並木厚憲 =週刊東洋経済2011年7月30日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT