有料会員限定

バイデン政権流の通商政策に漂う「手詰まり感」 労働者中心の政策は米国内外で求心力示せず

✎ 1〜 ✎ 287 ✎ 288 ✎ 289 ✎ 最新
拡大
縮小
ネバダ州予備選に勝利したバイデン氏
民主党候補指名争いの第2戦、ネバダ州予備選に勝利したバイデン氏だが、支持率ではトランプ氏がリードしている(写真:Getty Images)

バイデン政権の通商政策が、方向性を見失いつつある。掲げてきた「労働者中心の通商政策」は、これといった成果を上げられていない。

伝統的な米国の通商政策では、米国自身も市場を開きながら、グローバル化が推進されてきた。しかし、バイデン政権が掲げる労働者中心の通商政策では、米国の労働者の利益向上が、主たる目標に据えられている。

「大きな政府」の転換へ

労働者の利益といっても、その内容は幅広い。格差是正や気候変動対策、さらにはサプライチェーン強靭化による物資の安定供給までもが視野に入る。バイデン政権は、市場原理を生かして経済成長や効率性を追求する「小さな政府」から、社会的な課題に政府が斬り込む「大きな政府」への転換を進めており、こうした路線に通商政策も歩調をそろえている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内