有料会員限定

そのパーパス、トップの自己満足になってないか 現場の声を聴いている「つもり」が危ない

✎ 1〜 ✎ 246 ✎ 247 ✎ 248 ✎ 最新
拡大
縮小
SOMPOホールディングスの櫻田謙悟グループCEO
SOMPOホールディングスの櫻田謙悟グループCEOは、パーパス経営を熱心に進めたが不祥事を防ぐことはできなかった(撮影:梅谷秀司)

1月26日に開かれたSOMPOホールディングス(HD)の記者会見。ビッグモーター社の保険金不正請求に目をつぶり、取引を再開した問題を受けて、グループCEOで取締役代表執行役会長の櫻田謙悟氏が3月末で退任することが発表された。

この会見で印象に残ったのは、経済同友会の前代表幹事でもある櫻田氏が36回も口にした「パーパス」という言葉だ。

社会における会社の存在意義(パーパス)を定め、それを軸に経営する「パーパス経営」は近年注目を集めるようになった。日本経済新聞の朝刊でパーパスという単語を検索すると、2017年、18年とも0件だったのが、19年に4件、20年に21件、21年に35件、22年には74件と増加。23年も53件使われている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内