有料会員限定

世界経済「軟着陸」シナリオの蔓延が恐ろしい 着陸先は危険でいっぱいなのだが…

✎ 1〜 ✎ 715 ✎ 716 ✎ 717 ✎ 最新
拡大
縮小
バイデン米国大統領
バイデン米国大統領(写真:Yuri Gripas/Bloomberg)

2024年に入って1カ月以上が経過した今も、世界経済の見通しは全体として楽観的な状態が続いており、中央銀行とアナリストの大部分はソフトランディング(軟着陸)を予測。そもそも「着陸」すらしないかもしれない、といった見方も浮上している。

金利の急激な上昇にもかかわらず世界経済が23年に景気後退に陥らなかったという事実によって、専門家の多くは24年の見通しに楽観的となった。

紅海で相次ぐフーシ派の商船攻撃に起因する国際貿易の混乱や、ウクライナとガザ地区で続く戦争でさえも、明るいムードに水を差すものとはなっていない。米国の株価は史上最高値の水準にあり、普段は保守的な国際通貨基金(IMF)も世界経済の成長率予想を上方修正。「世界経済成長に対するリスクはおおむね均衡がとれている」とした最新の世界経済見通し(WEO)の記述は、持続不能な放漫財政を戒めるため各国に向けてIMFが用いてきた慎重なトーンから大きく飛躍するものといえる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内