「精密力」 日本再生のヒント 眞鍋政義著

「精密力」 日本再生のヒント 眞鍋政義著

2010年、世界選手権で32年ぶりにメダルを獲得した全日本女子バレーボール代表の監督が、世界に通用するチーム作りの秘密を明かす。

タイトルの「精密力」とは、身体能力に圧倒的な差がある海外チームと互角に戦うための方法論のこと。日本人が尊ぶ集団の「和」、手先やプレーの「器用さ」、相手の読みから外れた攻撃や逆に相手の攻撃を読んだ守備をする「緻密さ」など、日本人の性格や能力の特性を生かしたチーム作りを勝利の要因に挙げる。

今や常識であるデータ解析を駆使した戦術に関しても、刻々と変化する試合状況を、iPadを活用しながらリアルタイムで分析。サイドアウト中に的確な指示を出していく方法など興味が尽きない。

主婦の友新書 820円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。