ここ一番に強い男、持ってる男 竹内一郎著

ここ一番に強い男、持ってる男 竹内一郎著

運をどうつかむか。負けが込んできたときどうすればよいか。いざというときの腹の据え方とは。人生の知恵を論じた書だとはいっても、著者が成功者というわけではない。マンガの原案や著書『人は見た目が9割』などの大ヒットはあるにせよ、「2勝200敗の星勘定」というのが自己評価だ。だが「九転十起」の気持ちでやってきた著者自身の体験と、有名無名のさまざまな人生の分析から、多くの問題提起がなされる。

野球監督の三原と水原、棋士の升田と大山、名コンビ・本田宗一郎と藤沢武夫といった対照的な人物像から勝負の世界や経営の機微を語り、さらに賭け好きの山本五十六の心底や、大統領選の渦中で窮地に追い込まれたオバマの度胸の据わった対応にも学ぶ点は多いという。著者が身を置く演劇の世界での事例や演劇人のありようも一般性を持って紹介される。ちりばめられた多くのヒントをどう生かすかは、読者の置かれた状況しだいだろう。(純)

PHP研究所 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT