陰謀の天皇金貨 加治将一著

陰謀の天皇金貨 加治将一著

天皇在位60年を記念して発行された10万円金貨が、大量に偽造されて日本に還流したという20年前の事件。その裏には何があったのか。偽造品を輸入した容疑で警視庁に追及されたコイン商から話を聞いた著者が、調査を加えて真相に迫ったノンフィクションテイストの小説。なぜ金貨が空前の発行枚数となったのか。記念コインの還流に直面した大蔵省と政治家の画策。偽造と断定された金貨の不可思議な来歴とは……。

さまざまなパズルを一つずつ解いていく趣の展開はスパイ小説さながらだ。通貨であり同時に収集対象でもある記念コインの特性、そして金地金との関係が丁寧に説明され、これが重要な伏線となって話は進む。中曽根康弘、竹下登など政治家以外の人物は仮名だが、大蔵省元幹部などの名前を推測して読む面白さもある。スイス、中東、中米と舞台の広がりも華々しく、当時の日米関係があぶり出されてくる顛末は最後まで楽しめる。(純)

祥伝社 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT