激変! 中東情勢丸わかり 宮田律著

激変! 中東情勢丸わかり 宮田律著

チュニジア、エジプトでの政変をきっかけに、中東諸国では民主化を求めるデモが相次ぎ、情勢は今も緊迫している。国内では東日本大震災、福島第一原発事故の陰に隠れてしまったが、石油の輸入をこの地域に大きく依存している日本にとって、今後のエネルギー戦略を構築していくうえでも中東情勢から目を離すことはできない。今こそ日本人は中東をよく知り、理解すべきだと著者は強調する。

1970年代に起きたオイルショックは日本全体をパニックに陥れた。今回の中東諸国での民主化ドミノは日本や世界の今後にどのような影響を及ぼすのか。激変する中東イスラム世界の政治情勢と日本との関係を、イスラム専門家がわかりやすく解説する。

朝日新書735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。