国家と政治 危機の時代の指導者像 田勢康弘著

国家と政治 危機の時代の指導者像 田勢康弘著

本書の冒頭に戦前の政治家、中野正剛の言葉の引用がある。「国は経済によりて滅びず、敗戦によりてすら滅びず。指導者が自信を喪失し、国民が帰趨に迷うことによりて滅びるのである」。

日本を取り巻く社会状況のおよそすべてに閉塞感が漂う中、政治に対する失望が頂点に達し、この言葉が現実になることを著者はおそれる。

こうした中、国家的危機に即応した政治のあり方、望まれる指導者像とはどのようなものなのか。佐藤栄作から菅直人まで、40年間にわたり23人の総理大臣を取材してきた政治ジャーナリストが、民主党への政権交代前後から、東日本大震災直後までの政治の動きを振り返りながら、さきの問いに迫っている。

NHK出版新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。