国家と政治 危機の時代の指導者像 田勢康弘著

国家と政治 危機の時代の指導者像 田勢康弘著

本書の冒頭に戦前の政治家、中野正剛の言葉の引用がある。「国は経済によりて滅びず、敗戦によりてすら滅びず。指導者が自信を喪失し、国民が帰趨に迷うことによりて滅びるのである」。

日本を取り巻く社会状況のおよそすべてに閉塞感が漂う中、政治に対する失望が頂点に達し、この言葉が現実になることを著者はおそれる。

こうした中、国家的危機に即応した政治のあり方、望まれる指導者像とはどのようなものなのか。佐藤栄作から菅直人まで、40年間にわたり23人の総理大臣を取材してきた政治ジャーナリストが、民主党への政権交代前後から、東日本大震災直後までの政治の動きを振り返りながら、さきの問いに迫っている。

NHK出版新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。