1億人の情報流出、ソニー復活への苦難


 現在、PSNは復旧作業中で、5月末の全サービス再開を目指している。メリルリンチ日本証券の片山栄一アナリストは「課金ビジネスが1カ月以内に再開すれば影響は軽微」と見る。長引けばタブレット端末などの発売にも影響が及びかねない反面、復旧を急いで再び情報が流出すればブランド回復は絶望的だ。

ハードの差別化をソフトとの融合に求めたソニー。だがネットワークの信頼性が低下すると、経営全体に影響が出かねない。復活の切り札として、ストリンガーCEOが敷いたネットワーク戦略の思惑は大きく外れ、難しい局面を迎えている。

◆ソニーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(前田佳子 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2011年5月21日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。