有料会員限定

トランプ氏出馬阻止目指す憲法新解釈が浮上 保守派法曹団体の法律家が出馬禁止を主張

✎ 1〜 ✎ 276 ✎ 277 ✎ 278 ✎ 最新
拡大
縮小
トランプ氏支持派と反対派によるデモの様子
トランプ氏がワシントンの裁判所に出廷した際には、周辺で支持派と反対派によるデモが行われた(写真:Getty Images)

トランプ前大統領は2021年1月の連邦議会襲撃など4事件で起訴された。だが裁判は長期化し、前大統領への固い支持も揺るぎそうにない。そこで、死文化したような憲法修正条項の一節を当てはめ、大統領選挙出馬禁止を図ろうという動きがにわかに活気づいている。

きっかけは、前大統領と強い絆を持つ保守派法曹団体「フェデラリスト協会」の2人の法律家による憲法修正第14条3項の新解釈だ。8月に論文が公表された。2人は新解釈を用いて前大統領の出馬を禁ずるよう強く主張。同協会の創設メンバーもこれを支持したことから波紋が広がった。

トランプ政権時代には同協会との連携により連邦最高裁判所に3人の保守派判事が就任し、9人の判事のうち6人を保守派が占めるようになった。それだけに、同協会の2人の主張は意外だ。ただ、協会の保守派法律家には新解釈の適用に反対する声もある。他方、新解釈に勢いづく反トランプのリベラル派の間でも適用反対の声が聞かれ、複雑な構図となっている。

次ページ14条3項は現代でも有効か
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内