有料会員限定

世界トップ級に食い込む台湾半導体産業の底力 TSMCとの近さを武器に設計や材料でも存在感

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小

設計や材料でも世界トップ級。台湾半導体産業は製造のTSMCだけではない。

米エヌビディアのフアンCEOとメディアテックの蔡力行CEO
提携の会見をする米エヌビディアのフアンCEO(右)とメディアテックの蔡力行CEO(左)(写真:メディアテック)

特集「台湾リスク」の他の記事を読む

台湾海峡の緊張が高まっている。中国が台湾統一(併合)に向けて武力侵攻する日がくるのか。7月31日発売『週刊東洋経済』の特集「台湾リスク」では、日本企業に迫り来る台湾有事の全シナリオを示した。
週刊東洋経済 2023年8/5号(台湾リスク)[雑誌]
『週刊東洋経済 2023年8/5号(台湾リスク)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

台湾の半導体産業と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、TSMC(台湾積体電路製造)が覇権を握る受託製造(ファウンドリー)だろう。そして半導体生産において重要な分野である設計でも、台湾勢の存在感が高まっている。

台湾の調査会社・トレンドフォースによれば、半導体の設計に特化し自社工場を持たない「ファブレス」半導体メーカーの世界トップ10社に、2022年、3社の台湾企業が入った。これまで米中のファブレス企業が上位を独占していただけに台湾勢の活躍が目立っている。00年に14%だった設計分野における台湾企業の世界シェアはじわじわと上昇。22年には22%を占めるようになった。

6兆円規模の一大産業

半導体の設計とは、製品にどのような機能を持たせるか決め、そのための回路を作り込むプロセスである。高性能な半導体を作るには、複雑な設計技術が必要になる。

台湾ファブレスメーカーの生産額は足元でおよそ6兆円規模。TSMCが牽引する受託製造の市場には及ばないが、その約半分の市場規模であり、台湾にとって一大産業だ。

次ページエヌビディアとメディアテックが提携
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
台湾リスク
軍事力を強める中国の抑止は崩壊寸前の危機
習近平主席が決断すれば躊躇なく実行する
「米国は関与しない」と中国に思われたらダメ
「有事」危機を軟着陸させるために汗をかけ
有事への備えが企業の損失を最小限にする
「台湾有事」のコストと日本に問われる覚悟
第3勢力「台湾民衆党」躍進の裏に米中の融和
米中摩擦リスクには海外生産の拡大で超克
TSMCとの近さを武器に設計や材料でも存在感
電子機器、化学、海運でも世界トップ級企業
台湾の科学技術を牽引したハイテク移民たち
アメリカの要請で「中国一極集中」は分散へ
センシティブな両岸を把握するための知識
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内