有料会員限定

中国が尖閣に手を出さない時、日本は参戦するか 「台湾有事」のコストと日本に問われる覚悟

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

台湾有事に、どういう状況なら日本人は軍事的関与を許容するのか。実権結果を示す。

滑走路上の戦闘機と整備兵たち
沖縄の嘉手納基地。米軍にとって台湾有事に対応するための最重要拠点だ(写真:Getty Images)

特集「台湾リスク」の他の記事を読む

台湾海峡の緊張が高まっている。中国が台湾統一(併合)に向けて武力侵攻する日がくるのか。7月31日発売『週刊東洋経済』の特集「台湾リスク」では、日本企業に迫り来る台湾有事の全シナリオを示した。
週刊東洋経済 2023年8/5号(台湾リスク)[雑誌]
『週刊東洋経済 2023年8/5号(台湾リスク)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

202X年。中国と台湾との軍事的緊張が高まり、米国政府から日本政府に「台湾防衛のために在日米軍を出動させたい」という連絡が入る。同時に中国からは、「米軍に協力せず中立を保つなら、日本にはいっさい手を出さない」というメッセージがあらゆるチャンネルで発せられる──。

「台湾有事」の際には、中台の間の軍事的緊張(衝突)→米軍による介入決定→在日米軍基地からの戦闘機や艦艇の出動という展開になる可能性が高い。その過程で日本は大きな選択を迫られる。

日本の米軍基地が拠点に

次ページ日本の世論は「究極の選択」にどのように動くか
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
台湾リスク
軍事力を強める中国の抑止は崩壊寸前の危機
習近平主席が決断すれば躊躇なく実行する
「米国は関与しない」と中国に思われたらダメ
「有事」危機を軟着陸させるために汗をかけ
有事への備えが企業の損失を最小限にする
「台湾有事」のコストと日本に問われる覚悟
第3勢力「台湾民衆党」躍進の裏に米中の融和
米中摩擦リスクには海外生産の拡大で超克
TSMCとの近さを武器に設計や材料でも存在感
電子機器、化学、海運でも世界トップ級企業
台湾の科学技術を牽引したハイテク移民たち
アメリカの要請で「中国一極集中」は分散へ
センシティブな両岸を把握するための知識
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内