「同性の子が欲しい」親の望みが男女格差を助長か 女性は娘を、男性は息子を欲しがる傾向がある

✎ 1〜 ✎ 226 ✎ 227 ✎ 228 ✎ 最新
拡大
縮小
男の子、女の子のイメージ画像
(写真:YUMIK/PIXTA)

「女の子は育てやすい」。そう聞いたことのある人は多いだろう。現実の子育てでは性別による差より個人差のほうが大きいはずだが、なぜそういわれるようになったのか。

実は、同性の子どもの気持ちなら「理解できる」と親が考えている可能性がある。「女の子は育てやすい」という言葉は母親からよく聞かれるが、育児負担が女性に偏った状況で、「娘の気持ちならわかる」と母親が感じているとすればどうか。それは、「同性の子どものほうが世話をしやすい」という意味だと解釈可能だ。

これには、データの裏付けもある。母親は娘を欲しがるのだ。女性が娘を欲しがる割合はなんと7割以上。母親の娘選好は、ほかの調査でも明確に表れる。

一方、男性には息子を欲しがる傾向がある。つまり、母親は娘を欲しがり、父親は息子を欲しがる。この調査からは、子どもの性別に対する親の同性選好が浮かび上がってくる。

次ページジェンダー・ホモフィリーの利点と欠点
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内