「不注意な消費者」を搾取、サブスクが広がる理由 不要な課金を生む契約が淘汰されるとは限らない

✎ 1〜 ✎ 212 ✎ 213 ✎ 214 ✎ 最新
拡大
縮小
サブスクリプション動画サービスの画面を表示しているノートパソコンやタブレット端末
(写真:metamorworks / PIXTA)

サブスクリプションが近年広まっている。財やサービスを一定期間ごとに定額で使用する契約で、多くの場合、自動更新される。電子書籍のキンドルアンリミテッド、音楽のスポティファイ、動画のネットフリックスなどが有名どころだ。

個別の購入ではなく、好きなだけ定額で気軽に楽しめるのは利点だが、解約しない限り支払いが続く。必要のないサブスクリプション契約を解約しそびれてしまう不注意な人もいるだろう。

次ページなぜ不要になったサブスクを解約しそびれてしまうのか
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内