「無関心の横行」こそハラスメント問題の根元だ 映画「アシスタント」は#MeToo運動が題材

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小
映画『アシスタント』の一場面
映画『アシスタント』/監督・脚本・製作・共同編集:キティ・グリーン/出演:ジュリア・ガーナー、マシュー・マクファディン、マッケンジー・リー/製作:スコット・マコーリー、ジェームズ・シェイマス、P・ジェニファー・デイナ、ロス・ジェイコブソン/配給・宣伝:サンリスフィルム /2019年・米国・87分/6月16日から全国順次公開(©2019 Luminary Productions,LLC. All Rights Reserved.)

大物映画プロデューサーの下で働く若い女性のとある耐えがたい1日を映画『アシスタント』は無駄なく巧妙に描く。MeToo運動を掘り下げた先で見えてきた、あらゆるハラスメント問題に触れた作品だ。注目の若手俳優ジュリア・ガーナーを主演に迎えて、ドキュメンタリー出身のキティ・グリーン監督が初めて劇映画でメガホンを取った。

不気味な演出で表した組織の闇

物語の主人公ジェーンは、名門大学を卒業した後、映画プロデューサーになることを夢見て、有名エンターテインメント企業に就職した新人アシスタントである。業界の大物である会長の下で朝から晩まで食事の時間さえまともに取れずに働いているが、主な仕事内容は雑用ばかり。電話応対にコピー取り、流しにたまったコップを洗うことまで。

次ページ旬な題材を扱いリアリティーもある理由は
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内