映画「遠いところ」が迫る沖縄の貧困のリアル 17歳の若き母親の境遇と生活を生々しく描く

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小
映画『遠いところ』のワンシーン
映画『遠いところ』/監督・脚本:工藤将亮/出演:花瀬琴音、石田夢実、佐久間祥朗、長谷川月起、松岡依都美、尚玄 ほか/上映時間:128分/6月9日沖縄先行公開、7月7日から全国順次公開(©『遠いところ』フィルムパートナーズ)

1人当たりの県民所得が全国で最下位の沖縄県では、とくに子どもの貧困が深刻だ。17歳以下の相対的貧困率は全国で最も高いうえ、15〜19歳女性が出産する割合も全国1位となっている。

本作は、そんな沖縄のコザで2歳の幼い息子と夫との3人暮らしをする17歳の若き母親が主人公で、若者が陥る貧困社会のリアルを描く。「第23回東京フィルメックス」コンペティション部門観客賞受賞のほか、多くの国際映画祭で高い評価を受けた。権威ある米映画専門誌『Variety』は「貧困にあえぐ日本の性差別を痛烈に告発する。溝口健二的な現代悲劇」と評した。

次ページ生きるための営みすべてを生々しく映像化
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内